教育方針

scroll

教育方針

  • 自己管理能力の向上
  • 学力の向上
  • 進路目標の明確化
  • 人権教育の推進
  • 主体性の育成

自己管理能力の向上

  • 学ぶ者としての謙虚な姿勢を育成し、自己教育力の伸長・向上を図る。
  • 多様な場面において、自他の状況を正しく把握して行動する能力を育成するとともに、自己決定能力の伸長・向上を図る。
  • 将来にわたり健康で安全に生活する能力を育成する。

学力の向上

  • それぞれの学科・コースの目標に基づき基礎的学力の充実を基盤とした専門性の深化・高度化を図る。
  • 学ぶ目的を主体的に自覚し、図書館を中心とした学びの場において、書物のみならず、多様な生徒からの学び・異質な集団からの学びなどにより、正確な知識を得、未知なるものに取り組む姿勢を育成する。
  • 授業の目的と学習目標を明確に示して、授業内容の定着と深化を図るとともに、学年の垣根を越えた建設的相互作用により知識の統合を図り、学習した外国語をツールとして活用し、問題解決に向けたコミュニケーションが図れるようにする。
  • 学園の持っている知的財産を有効に活用し、高度な学問に触れることにより、知識獲得へ積極的に取り組む姿勢を育成する。

進路目標の明確化

  • 将来社会の一員として生きることを自覚し、主体的にかつ正確な情報をもとに進路を選択する能力を育成する。
  • 卒業後の進路実現に必要な能力と態度を育成する。
  • 千葉商科大学が行う行事を含め,多様な啓発的経験学習を推進し、進路選択に必要な幅広い視野をもとうとする姿勢を育成する。

人権教育の推進

  • 自己の大切さを学ぶとともに、自己とは異なる他者の存在の意義を学び、人権について正しく理解する能力と態度を育成する。
  • 社会の不公正や不合理、形式的な平等について学び、それらを克服する正しい批評精神と行動力を育成する。
  • 啓発活動を推進し、あらゆる差別と暴力を否定して自己の幸福・相手の幸福を追求しようとする姿勢を育成する。

主体性の育成

  • 与えられた課題を自己の責任においてとらえ取り組むとともに、自ら課題を見いだし設定して取り組む独創的発想力を育成するとともに、チームを作り独創的発想力に対する批評をうける態度を育成する。
  • 課題に対して多角的な視点をもって持続的に取り組み、科学的、論理的に解決する能力と態度を育成する。
  • 多様な情報を収集し、分析し、判断した上で、的確に表現するコミュニケーション能力を育成する。

教育目標

  • 実学実践学習の訓育を施し、質実にして有為な若者を育成する
  • グローバルな視点に立ち、礼法と品位を持って人に接する若者を育成する
  • 常に中道を歩み、将来社会の要請に応えうる若者を育成する