私立 千葉商科大学付属高等学校  シラバス

英語科 「英語表現Ⅱ(2年特進)」  単 位 数 2 単 位
学科・学年・組
普通科・2年・H組

1 学習の到達目標等

学習の到達目標
英語を通じて,積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成するとともに,事
実や意見などを多様な観点から考察し,論理の展開や表現の方法を工夫しながら伝える能
力を養う。
使用教科書
Vision Quest English Expression Ⅱ Ace(啓林館)
副教材
桐原書店『Next Stage 4th Edition』,桐原書店『Next Stage 4th Edition 
Best Trainer』,桐原書店『パワーフレーム850』

2 学習計画及び評価方法等

(1) 学習計画等
学期 学 習 内 容 学 習 の ね ら い 備考(特記事項,
他教科との関連など)
学期
Part 1  Lesson 1
主語の決定/見えない主語の発見/主語のit
Lesson 2
主語になる名詞句/形式主語/無生物主語
Lesson 3
自動詞と他動詞/間違えやすい自動詞と他動詞/
群動詞
Lesson 4
SVO/SVOO
Lesson 5
SVC/SVOC
Lesson 6
使役動詞/知覚動詞
Lesson 7
直接話法と間接話法/間接話法で伝達
Lesson 8
「~する」/「~している」
ア 与えられた話題について,即興で話します。ま
た,伝えたい内容を整理して論理的に話します。

イ 主題を決め,様々な種類の文章を書きます。

ウ 聞いたり読んだりしたこと,学んだことや経験
したことに基づき,情報や考えなどをまとめ,発表
します。また,発表されたものを聞いて,質問した
り意見を述べたりします。

エ 多様な考え方ができる話題について,立場を決
めて意見をまとめ,相手を説得するために意見を述
べ合います。
特になし
【課題・提出物等】
授業の中で小テストを行ったり、宿題を課したりします。
【第1学期の評価方法】
中間・期末考査の成績、小テストの成績、提出物の内容などを総合して評価します。
学期
Lesson 9
「~した」/「~していた」
Lesson 10
能動態と受動態/日本語との違い
Lesson 11
「もし(今)~ならば」/「もし(あの時)~だった
なら」
Lesson 12
義務・必要を表す助動詞/推量を表す助動詞
Lesson 13
数量を表す語句/名詞を前から修飾する語句
Lesson 14
名詞を後ろから修飾する①/②
Lesson 15
関係代名詞/関係副詞
Lesson 16
副詞・副詞句/不定詞や分詞を使った副詞句
ア 与えられた話題について,即興で話します。ま
た,伝えたい内容を整理して論理的に話します。

イ 主題を決め,様々な種類の文章を書きます。

ウ 聞いたり読んだりしたこと,学んだことや経験
したことに基づき,情報や考えなどをまとめ,発表
します。また,発表されたものを聞いて,質問した
り意見を述べたりします。

エ 多様な考え方ができる話題について,立場を決
めて意見をまとめ,相手を説得するために意見を述
べ合います。
特になし
【課題・提出物等】
授業の中で小テストを行ったり、宿題を課したりします。
【第2学期の評価方法】
中間・期末考査の成績、小テストの成績、提出物の内容などを総合して評価します。
学期
Lesson 17
副詞節①/②
Lesson 18
原級/比較級
Lesson 19
最上級/最上級を意味する表現
Lesson 20
no+名詞,no-で始まる代名詞/部分否定/準否
定
ア 与えられた話題について,即興で話します。ま
た,伝えたい内容を整理して論理的に話します。
イ 主題を決め,様々な種類の文章を書きます。
ウ 聞いたり読んだりしたこと,学んだことや経験
したことに基づき,情報や考えなどをまとめ,発表
します。また,発表されたものを聞いて,質問した
り意見を述べたりします。
エ 多様な考え方ができる話題について,立場を決
めて意見をまとめ,相手を説得するために意見を述
べ合います。
特になし
【課題・提出物等】
授業の中で小テストを行ったり、宿題を課したりします。
【第3学期の評価方法】
中間・期末考査の成績、小テストの成績、提出物の内容などを総合して評価します。
【年間の学習状況の評価方法】
①関心・意欲・態度、②思考・判断、③技能・表現、④知識・理解の4つの観点から評価した、1~3学期の成績を総合して年間
の
評価とします。

(2)評価の観点、内容および評価方法
評価の観点および内容 評価方法
関心・意欲・態度
○ モデル文に関心を持ち,読もうとしているか。
○ 間違いを恐れず,積極的に表現しようとしてい
るか。
○ 積極的にコミュニケーションを図ろうとしてい
るか。
A―B―C
思考・判断・表現
○ 相手の言ったことを,正しく聞き取れるか。
○ 英文を聞き,正しい解答を選べるか。
○ 発表者や発言者の言ったことを,正しく聞き取
れるか。
○ つなぎの言葉の使い方を理解しているか。
○ パラグラフの構成を理解しているか。
○ 文章の要点をつかむことができるか。
A―B―C
資料活用の
技能・表現
○ 与えられた状況において,適切に話し,伝える
ことができるか。
○ 適切な発声で,プレゼンテーションを行うこと
ができるか。
○ 自らの意見を,適切な表現を用いて伝えること
ができるか。
○ 学んだ文法・表現を使って,文を書くことがで
きるか。
○ 自分や与えられた課題について,文章を書くこ
とができるか。
○ パラグラフの構成に基づいて文章を書くことが
できるか。
○ 要約を書く手順を理解し,要約文を書くことが
できるか。
A―B―C
技能および知識・理解
○ いろんなトピックについて,内容を理解するこ
とができる。
○ それぞれのページで学んだ文法・表現を理解
し,知識として定着させているか。
A―B―C

3 担当者からのメッセージ

確かな学力を身に付
けるためのアドバイス
1年次に学習したことを,間違いを恐れずにアウトプットしていきましょう。様々な問題を演習する
ことや英作文といった表現力を磨く上でも,間違えてもいいからやってみる姿勢が大切です。毎回確
認テストを行うことにより知識を定着させましょう。
授業を受けるに当た
って守ってほしい事項
授業で扱ったものだけでなく,副教材を活用して予習・復習でも反復練習を日々行ってください。毎
回の授業で確認テストを行います。
その他のアドバイス
試行錯誤を繰り返す中でしか実力はついてきません。どんどん挑戦していきましょう。分からないこ
と,間違いに関しては,自分の伸びしろであると認識して下さい。