私立 千葉商科大学付属高等学校  シラバス

数学科 「数学A(1年普通科選抜進学クラス)」  単 位 数 2 単 位
学科・学年・組
 普通科選抜・1年・A,B,C組

1 学習の到達目標等

学習の到達目標
1場合の数と確率,論理と集合,整数の性質,平面図形について,理解することを目指し
ます。

2場合の数と確率,論理と集合,整数の性質,平面図形について,基礎的な知識の習得と
技能の習熟を目指します。

3場合の数と確率,論理と集合,整数の性質,平面図形について,習得した知識,習熟し
た技能を的確に活用する能力を伸ばすことを目指します。
使用教科書
高等学校 数学A 改訂版(啓林館)
副教材
アベレージ 改訂版 数学Ⅰ+A(啓林館)

2 学習計画及び評価方法等

(1) 学習計画等
学期 学 習 内 容 学 習 の ね ら い 備考(特記事項,
他教科との関連など)
学期
序章 集合

第1章 場合の数と確率
 1.場合の数

 研究[発展]/3つの集合の要素の個数

 2.順列・組合せ

 研究[発展]/重複組合せ

 3.確率とその基本性質

 4.いろいろな確率

 研究/原因の確率
・図や表などを用いて集合の包含関係や,要素の個
 数など集合に関する基本的な事項を学習します。

・樹形図などを用いて基本的な個数の処理について
 学びます。さらに,順列という数え上げを学び,
 それを具体的な場面に活用できるようにします。

・組合せ順列という数え上げを学び,それを具体的
 な場面に活用できるようにします。

・組合せの活用例として,二項定理を学びます。

・身近にある事例を基にして,不確定な事象の起こ
 る程度を数で表すことについて,理解を深めま
 す。

・その有用性を認識するとともに,確率を活用する
 能力を伸ばし,事象を数学的に考察し,処理でき
 るようにします。

・グループワークを通じ,互いに学びあうことを経
験し,学習効果を向上させる。
中間考査








期末考査
【課題・提出物等】
新学期前の春期休暇中の課題レポート提出,授業への取り組み姿勢(出席状況や提出物)も平常評価に入れます。
【第1学期の評価方法】
中間考査と期末考査の成績,小テスト,プリントなどの提出物の内容,学習への参加の仕方や態度などで総合
的に評価します。
学期
第2章 整数の性質
 1.約数と倍数
 
 2.互除法と不定方程式

 3.整数の性質の活用

 研究[発展]/合同式
・倍数や約数及びそれらの性質,倍数の判定法,素
 数の判定法や素因数分解について理解します。

・最大公約数や最小公倍数とその関係について理解
 し,整数に関する問題解決に利用できるようにし
 ます。また,整数を割り算の余りで分類すること
 を理解し,整数に関する問題解決に利用できるよ
 うにします。

・ユークリッドの互除法について理解し,これを用
 いて最大公約数を求めることができるようにしま
 す。また,計算を逆にたどることによって得られ
 る最大公約数の基本定理を理解します。

・2元1次方程式とその解法を理解し,自然数に関す
 る問題の解決に利用できるようにします。

・分数が有限小数か循環小数になることの理由を理
 解します。

・n進法の仕組みを理解し,二進数や三進数を十進数
 に変換したり,十進数を二進数や三進数に変換し
 たりできるようにします。

・部屋割り論法の理解,活用をできるようにしま
 す。

・グループワークを通じ,互いに学びあうことを経
験し,学習効果を向上させる。
中間考査











期末考査
【課題・提出物等】
夏期休暇中の課題レポート提出,授業への取り組み姿勢(出席状況や提出物)も平常評価に入れます。
【第2学期の評価方法】
中間考査と期末考査の成績,小テスト,プリントなどの提出物の内容,学習への参加の仕方や態度などで総合
的に評価します。
学期
第3章 図形の性質
 1節 三角形の性質

 2節 円の性質

 3節 作図

 4節 空間図形
・線分の内分,外分,平行線と線分の比について理
 解します。

・三角形の角の二等分線の性質,重心,外心,内心
 とその性質を理解します。


・円周角の定理とその逆について確認します。

・円に内接する四角形の性質や,四角形が円に内接
 する条件について理解し,それらを用いることが
 できるようにします。

・グループワークを通じ,互いに学びあうことを経
験し,学習効果を向上させる。





学年末考査
【課題・提出物等】
冬期休暇中の課題レポート提出,授業への取り組み姿勢(出席状況や提出物)も平常評価に入れます。
【第3学期の評価方法】
中間考査と期末考査の成績,小テスト,プリントなどの提出物の内容,学習への参加の仕方や態度などで総合
的に評価します。
【年間の学習状況の評価方法】
下記の4つの観点から評価した1学期,2学期および3学期の成績を総合し,年間の成績とします。

(2)評価の観点、内容および評価方法
評価の観点および内容 評価方法
関心・意欲・態度
 数学的な活動を通して,場合の数と確率,整数の
性質,平面図形における考え方に関心をもつとと
もに,数学的な見方や考え方のよさを認識し,そ
れらを事象の考察に活用しようとしているか。
〇授業への取り組み,態度
〇授業中の補助プリント
〇課題などの提出状況
思考・判断・表現
 数学的な活動を通して,場合の数と確率,整数
の性質,平面図形における数学的な見方や考え方
を身につけ,事象を数学的にとらえ,論理的に考
えるとともに,思考の過程を振り返り多面的・発
展的に考えているか。
〇授業への取り組み,態度
〇授業中の補助プリント
〇課題などの提出状況
資料活用の
技能・表現
場合の数と確率,整数の性質,平面図形におい
て,事象を数学的に考察し,表現し処理する仕方
や推論の方法を身につけ,的確に問題を解決でき
るか。
〇授業への取り組み,態度
〇授業中の補助プリント
〇課題などの提出状況
技能および知識・理解
場合の数と確率,整数の性質,平面図形における
基本的な概念,原理・法則,用語・記号などを理
解し,基礎的な知識を身につけているか。
〇定期考査,小テスト
〇提出された課題の内容

3 担当者からのメッセージ

確かな学力を身に付
けるためのアドバイス
〇授業を通して,なぜその公式が成り立つのかを理解することが必要です。
〇理解した公式をきちんと使えるように,繰り返し練習しましょう。
〇確実な計算を身につけることが大切です。
授業を受けるに当た
って守ってほしい事項
〇学習の基本は授業です。欠席することなく継続的に授業に取り組みましょう。
〇授業中のノートは板書を単に写すだけでなく,例題の解法等において,手順やそこで
 必要な公式等の確認事項などが十分に理解できるように作成することが大切です。復
 習に活用できるように丁寧にまとめてください。
〇例題を参考に積極的に練習問題等に取り組み,繰り返しのなかで理解を深めること
 が大切です。
〇学期や学年の評価は,定期考査だけでなく,授業態度や提出物等を平常点として加味
 し評価するので,期限を守って提出してください。
その他のアドバイス
必ず自分で解き、理解を深め・計算力をつけ・表現力を高めよう数学の勉強では、答えを眺めてわ
かったつ
もりになっていても、実際に問題を解くと解けないこと(書けないこと)がよくあります。確かにい
ちいち
計算するよりも、解答を眺めて解法を理解し覚えていく作業の方が楽だし、とりあえず勉強した気分
にはな
る。しかし、それでは数学の力を伸ばしていくことは難しい。数学の勉強をするときには、必ずノー
トにき
ちんと計算したり図を描いたりしながら解いていくようにしてほしい。そうすることで、自分自身が
本当に
理解できているかどうかを確認することができ、自分の力を伸ばしていくことにつながっていきま
す。