私立 千葉商科大学付属高等学校  シラバス

地理歴史科 「日本史B(3年生普通科)」  単 位 数 7 単 位
学科・学年・組
普通科・3年・A組(選択必修)

1 学習の到達目標等

学習の到達目標
①歴史的事件がなぜ発生したのか,それによってどんな影響があったのかなどと考えることによって,物事を経過を追いながらとらえ,論理的に思考できるようにします。
②近代・現代における我国の歴史の流れ(原因と結果)を,世界の歴史と関連づけながら,各時代の歴史を学びます。
③今日我国が抱える問題がどのような歴史的事象に起因しているのかを理解させ,国際社会に主体的に生きる日本人としての資質を養います。
④大学入試(私大・センター試験等)において,高得点がとれるような基礎知識をしっかりと固めつつ,各自の進路目標決定の一助とします。
⑤大学進学後,必要となる基礎的知識・教養を身につけます。
使用教科書
山川出版社『詳説日本史』
副教材
第一学習社『最新日本史図表』,山川出版社『日本史総合テスト改訂版』

2 学習計画及び評価方法等

(1) 学習計画等
学期 学 習 内 容 学 習 の ね ら い 備考(特記事項,
他教科との関連など)
学期
第3部 近世
第7章 幕藩体制の展開
 1幕政の安定
 2経済の発展
 3元禄文化

第8章 幕藩体制の動揺
 1幕政の改革
 2宝暦・天明期の文化
 3幕政の衰退と近代への道
 4化政文化 

第4部 近代・現代
第9章 近代国家の成立
 1開国と幕末の動乱
 2明治維新と富国強兵
 3立憲国家の成立と日清戦争
 4日露戦争と国際関係
 5近代産業の発展
 6近代文化の発達
 
①江戸時代中期の政治(文治政治)・社会の様相,特に経済の発展について理解します。
②元禄文化について理解します。
③幕政の改革とその背景について理解します。
④宝暦・天明期の文化について理解します。
⑤列強の接近と江戸幕府が動揺していく様子について理解します。
⑥化政文化について理解します。
⑦開国・条約締結はどんな影響をもたらしたのか,江戸幕府が滅亡するまでの過程を理解します。
⑧明治政府の陣容と近代化諸政策について理解します。
⑨自由民権運動・憲法制定に至るまでの過程,対中国・朝鮮政策について理解します。
⑩日露戦争,条約改正に至るまでの過程について理解します。
⑪我が国における資本主義の成立・発展の過程について理解します。
⑫明治期の文化について理解します。

①中間考査



②学期末考査
【課題・提出物等】
①ノート・ワークブック
②定期試験毎に,確認中テストを実施
【第1学期の評価方法】
①中間・学期末考査の結果に平常点(授業態度・提出物の状況等)を加味します。
学期
第10章 二つの世界大戦とアジア
 1第一次世界大戦と日本
 2ワシントン体制
 3市民生活の変容と大衆文化
 4恐慌の時代
 5軍部の台頭
 6第二次世界大戦

第11章 占領下の日本
 1占領と改革
 2冷戦の開始と講和

第12章 高度成長の時代
 1 55年体制
 2経済復興から高度成長へ

第13章 激動する世界と日本
 1経済大国への道
 2冷戦終結と日本社会の動揺

※入試問題演習
①政党内閣制が成立する過程と第一次世界大戦への参戦とその前後の国際関係について理解します。
②協調外交と大正期の政治・社会に関する様相について理解します。
③大正期の文化について理解します。
④度重なる恐慌の中で社会運動が活発化し,協調外交が崩壊する過程を理解します。
⑤経済的苦境の中で軍部が台頭して政党政治が崩壊,ファシズム体制が成立する過程を理解します。
⑥過去の入試問題に取り組み,実践力を向上させます。

軍部の台頭以降の範囲は,1年次に学習済み。
そのため,概略の復習程度の内容とします。
①中間考査




②学期末考査
【課題・提出物等】
①ノート・ワークブック
②定期試験毎に,確認中テストを実施
【第2学期の評価方法】
①中間・学期末考査の結果に平常点(授業態度・提出物の状況等)を加味します。
学期
なし
なし
なし
【課題・提出物等】
なし
【第3学期の評価方法】
なし
【年間の学習状況の評価方法】
「(2)評価の観点,内容及び評価方法」に示した観点から各学期の成績を総合し,年間の評価とします。

(2)評価の観点、内容および評価方法
評価の観点および内容 評価方法
関心・意欲・態度
①積極的に授業に参加しているか。
②日本史に関するTV番組・ビデオ類を積極的に利
用しているか,図書館・博物館などに足を運び意欲的に
に学ぼうとしているか。
授業中の発表,視聴覚教材の鑑賞態度,ノート提出,
課題提出から評価します。
思考・判断・表現
①日本史の授業で学習したことをもとに,現代に起こる
こる様々な人類の課題を,多角的・多面的に思考でき
るか。
授業中の発表,単元終了毎の考査から評価します。
資料活用の
技能・表現
①様々な資料を活用して,それぞれの時代の政治・経済
経済・社会・文化等の特徴について理解を深められる
か。
授業中の発表,単元終了毎の考査から評価します。
技能および知識・理解
①日本史を理解するために,必要な基本的知識を身につけ
につけているか。
②我国の歴史の流れを世界の歴史と関連づけながら理解
理解しているか。
授業中の発表,単元終了毎の考査から評価します。

3 担当者からのメッセージ

確かな学力を身に付
けるためのアドバイス
①歴史の学習は興味を持つことから始まります。興味を持つためにも教科書や副教材にはこまめに触れて
おいて下さい。
②興味を持ったら,「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「どうした」「なぜ」「結果は」と考えを進
進め,論理的に考えて下さい。
③知識の積み重ねなくして思考することはできません。「歴史用語」等覚えるべきことは一つでも多く覚えて
えて下さい。従って,授業の復習は必ず行なって下さい。
④日本史の学力を向上させるためには「史料を読みこなす力」が必要です。そのためには「古文」の学習にも
にも力を入れて下さい。
授業を受けるに当た
って守ってほしい事項
①授業は教科書・副教材を参考に,板書による講義形式が中心となる。授業中,ノートは必ずとって下さ
い。また,帰宅後,ワークブック等で復習をして下さい。
②授業には必ず副教材を持参して下さい。
③質疑応答を多用し考える時間を多く取るように展開するので一緒に考え,思ったことは積極的に発言し
て下さい。
その他のアドバイス
①近代・現代の我国が歴史的にどのような役割を果たしてきたのかを理解し,将来,我々が国際社会にお
いてどんな役割を果たさねばならないのかについてそれぞれの考えを持って下さい。
②歴史の勉強は過去の人物・出来事をいたずらに暗記することではない。昔の人が何を考えながら生きて
いたのか,よく味わって下さい。そのためには教室で行われる授業だけにとどまらず,図書館・博物館や遺
跡・史跡等を訪れ積極的に歴史に触れて下さい。
③現在世界でおこっている諸事象のほとんどが,その原因・理由が授業で学ぶ内容に関連しています。
従って,臨機応変に教科書に沿った進行から多少離れることもあります。また,テレビやラジオ・新聞の
ニュースには常に触れ,関心を持って下さい。
④史料(資料)集を用いることにより,史料(資料)の活用法を学んで下さい。
⑤進路希望に応じたコース設定(他大受験コース・商大受験コース)で授業を進めます。各自の目標が達
成できるよう,しっかりと頑張って下さい。