私立 千葉商科大学付属高等学校  シラバス

地理歴史科 「日本史A(1年普通科特進)」  単 位 数 2 単 位
学科・学年・組
普通科・1年・J組

1 学習の到達目標等

学習の到達目標
①現代日本人として「日本近現代史」に関する必須知識を習得する。
②どのようにして歴史を勉強していけばよいのか(「歴史の学習法」)を身につける。
③歴史的事件がなぜ発生したのか,それによってどんな影響があったのかなどと考えることによって,物事を経過を追いながらとらえ,論理的に思考できるようにする。
④「未来への手がかり」が「過去に学ぶ」ことによって得られることを理解する。
⑤歴史に関する知識を増やすとともに,これらが各自の進路目標決定の一助となるようにする。
⑥大学入試の準備を開始し,学んだ範囲の内では入試問題もこなせるようにする。また,学んだ事項を難関とされる大学の入学試験を受験するためのより確実な知識とす
る。
使用教科書
山川出版社『日本史A』
副教材
第一学習社『最新日本史図表』,啓隆社『日本史重要語句チェックリスト』

2 学習計画及び評価方法等

(1) 学習計画等
学期 学 習 内 容 学 習 の ね ら い 備考(特記事項,
他教科との関連など)
学期
授業開始に当たって  
明治維新~昭和初期の日本

第4章 昭和恐慌と満州事変 
3.軍部の台頭

第5章 第二次世界大戦と日本 
1.日中戦争 
2.重化学工業化と統制経済 
3.第二次世界大戦と太平洋戦争 
①『日本史』の学習を通じて何を学ぶのかを明らかにし,授業に臨む心構えを確立します。
②明治~昭和初期の歴史を概観します。
③世界情勢や軍部の政治的進出に着目して、日本の国際的孤立の過程について考察します。
④国家主義が高揚するなかで、五・一五事件から 二・二六事件にかけて、軍部の影響力が政治
面・外交面で増大していく過程を考察します。
⑤日中戦争の勃発から太平洋戦争の突入にいたる過程について、国民生活の変化や諸統制に着目し
て全体主義的な国家体制の進展を考察します。
⑥第二次世界大戦について、国家間の提携やその性格の相違を考察します。
⑦国内の総力戦体制の構築に向け、新体制運動・大政翼賛会などが組織されたことを理解します。
⑧日中戦争の長期化と国際関係の悪化が、米英諸国との戦争に拡大していった過程を考察します。
⑨東南アジア地域における戦争の推移、占領地帯での軍政の在り方と住民の反応について考察しま
す。
⑩戦局の悪化に伴う勤労動員・強制連行・学徒出陣・学童疎開などの措置を考察します。
⑪この戦争がもたらした惨禍に着目して、平和で民主的な国際社会の実現に努める重要性を認識し
ます。
①中間考査


②学期末考査
【課題・提出物等】
①ノート・問題集
【第1学期の評価方法】
①中間・期末考査の成績に平常点(授業態度・提出物の状況等)を加味します。
学期
第6章 占領下の日本 
1.占領と改革 
2.冷戦の開始と講和 

第7章 経済繁栄と保守長期政権 
1.55年体制 
2.高度経済成長期の経済と社会 
①戦後の世界秩序を踏まえ、占領政策及び民主化政策と、それに伴う諸改革について、その経過と
内容を考察します。
②戦後政治の動きを踏まえて、集大成となる日本国憲法制定の意義を理解します。
③民主主義の定着に向け、教育制度の改革が実施されると同時に、敗戦により日本人の価値観に大
きな変化があった点を理解します。
④戦後政治の動きと、経済の安定化を求める施策を関連づけて考察します。
⑤東アジア情勢の変化を踏まえ、連合国による占領が終結し、日本が独立した意義を考察します。
⑥連合国による日本の占領が終結したことと、その後の日米関係の継続について、様々な国の立場
から考察します。
⑦独立後の日本国内政治について、衆議院を保守・革新の二大勢力が占める55年体制が成立した
意義を考察します。
⑧日本の国際連合加盟の経緯を理解します。
⑨自民党内閣が長期継続するなか、アメリカ・大韓民国・中華人民共和国との関係に着目して、日
本の外交・政治の動向を考察します。
⑩朝鮮特需による経済復興とその後の高度経済成長を理解します。
⑪消費革命による社会の変貌と経済成長がもたらしたひずみである社会問題について考察します。
⑫ドル=ショック、石油危機を踏まえて、主要先進国首脳会議が開かれた意義を考察します。
①中間考査


②学期末考査
【課題・提出物等】
①ノート・問題集
②夏期休暇課題として「テーマに関する映画鑑賞及びレポート」
【第2学期の評価方法】
①中間・期末考査の成績に平常点(授業態度・提出物の状況等)を加味します。
学期
第8章 現代の世界と日本 
1.冷戦の終結と日本 
2.日本社会の動揺 
①冷戦の終結・ドイツの統一・ソ連の崩壊を踏まえて、世界構造の変化について考察します。
②石油危機を乗り越え、経済大国としての道を歩み始めた日本の状況を多面的・多角的に考察しま
す。
③1980年代以降の国内状況について、日本の政治・外交・財政を踏まえて多面的・多角的に考
察します。
④1980年代以降の国内状況について、経済状況・地域協力の在り方を踏まえて多面的・多角
的に考察します。
⑤同時多発テロ以降の国際協力の在り方や、地球環境問題に対して考察します。
①学年末考査
【課題・提出物等】
①ノート・問題集
②冬期休暇課題として「問題集の該当箇所の学習」
【第3学期の評価方法】
①学年末考査の成績に平常点(授業態度・提出物の状況等)を加味する。
【年間の学習状況の評価方法】
「(2)評価の観点,内容及び評価方法」に示した観点から各学期の成績を総合し,年間の評価とします。

(2)評価の観点、内容および評価方法
評価の観点および内容 評価方法
関心・意欲・態度
①積極的に授業に参加しているか。
②日本史に関するTV番組・ビデオ類を積極的に利
用したり,図書館・博物館などに足を運び意欲的に学ぼうとしたりしているか
ぼうとしたりしているか。
授業中の発表,視聴覚教材の鑑賞態度,ノート提出,
課題提出から評価します。
思考・判断・表現
①日本史の授業で学習したことをもとに,現代に起こる
こる様々な人類の課題を,多角的・多面的に思考でき
るか。
授業中の発表,定期考査から評価します。
資料活用の
技能・表現
①様々な資料を活用して,それぞれの時代の政治・経済
経済・社会・文化等の特徴について理解を深められる
か。
授業中の発表,定期考査から評価します。
技能および知識・理解
①日本史を理解するために,必要な基本的知識を身につけているか
につけているか。
②我国の歴史の流れを世界の歴史と関連づけながら理解
理解しているか。
授業中の発表,定期考査から評価します。

3 担当者からのメッセージ

確かな学力を身に付
けるためのアドバイス
①歴史の学習は興味を持つことから始まる。興味を持つためにも教科書や副教材にはこまめに触れておき
ましょう。
②興味を持ったら,「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「どうした」「なぜ」「その結果」と考え
を進め,論理的に考えましょう。
③知識の積み重ねなくして思考することはできない。「歴史用語」等覚えるべきことは一つでも多く覚え
ること。従って,授業の復習を必ず行いましょう。
④史料を読みこなす力を高めるために,「古文」の学習にも力を入れましょう。
授業を受けるに当た
って守ってほしい事項
①授業は教科書・副教材を参考に,板書による講義形式が中心となります。授業中,ノートは必ずとりま
しょう。
②知識の積み重ねなくして思考することはできません。「歴史用語」等覚えるべきことは一つでも多く覚えましょう
えましょう。
③質疑応答を多用し考える時間を多く取るように展開します。必ず一緒に考えましょう。
④歴史の学力を高めるには家庭での復習が不可欠です。帰宅後,必ずワークブック等でその日に学んだ内
容を確認しておきましょう。
その他のアドバイス
①我が国が歴史的にどのような役割を果たしてきたのかを理解し,将来,我々が国際社会においてどんな役割
役割を果たさねばならないのかについてそれぞれの考えを持ちましょう。
②「昔の人々が何を考えながら生きていたのか」について,よく味わって欲しいと思います。そのために
は教室で行われる授業だけにとどまらず,博物館・図書館や遺跡・史跡等を訪れて積極的に歴史に触れま
しょう。
③現在世界でおこっている諸事象の多くが,その原因・理由が授業で学ぶ内容に関連しています。従っ
て,臨機応変に教科書に沿った進行から離れ,その問題について考えることもあります。テレビ・ラジオ・新聞
新聞のニュースには常に触れて関心を持ちましょう。