私立 千葉商科大学付属高等学校  シラバス

地理歴史科 「地歴総合(世界史)」  単 位 数 5 単 位
学科・学年・組
普通科・2年・D~F組

1 学習の到達目標等

学習の到達目標
①古代から近代にいたる世界の歴史の流れ(原因と結果)を、わが国の歴史と関
  連づけながら,各時代・各地域を理解する。
②諸地域世界の接触や交流に着目し、歴史的な考察力を養う。
③今日世界が抱える問題がどのような歴史的事象に起因しているのかを理解さ
  せ,国際社会に主体的に生きる日本人としての資質を養う。
④次年度に控えた大学入試(センター試験等)において,高得点を取れるような
  基礎知識をしっかりと固めつつ、各自の進路目標決定の一助とする。
⑤大学進学後,必要となる基礎的知識・教養を身につける。
使用教科書
山川出版社『詳説 世界史B』
副教材
第一学習社『グローバルワイド最新世界史図表』
山川出版 『世界史B用語集』
山川出版 『詳説世界史 スタンダードテスト』
山川出版 『詳説世界史 整理ノート』
啓隆社  『世界史重要語句 Check List』

2 学習計画及び評価方法等

(1) 学習計画等
学期 学 習 内 容 学 習 の ね ら い 備考(特記事項,
他教科との関連など)
学期
序章 先史の世界




第1章 オリエントと地中海世界
 1.古代オリエント世界
 2.ギリシア世界
 3.ローマ世界







第2章 アジア・アメリカの古代文明
 1.インドの古典文明
 2.東南アジアの諸文明
  3.中国の古典文明
 4.南北アメリカ文明






第3章 内陸アジア世界・東アジア世界の形成
 1.草原の遊牧民とオアシスの定住民
 2.北方民族の活動と中国の分裂
 3.東アジア文化圏の形成







第4章 イスラーム世界の形成と発展
 1.イスラーム帝国の成立
 2.イスラーム世界の発展
 3.インド・東南アジア・アフリカの
   イスラーム化
 4.イスラーム文明の発展
①農耕・牧畜の発生が人類史における大きな分
 岐点であったことを指摘し,現在の文明発展
 の基礎となったことを理解します。


①ヨーロッパの古代文明が発達する上で,地中
 海の役割について気づき,まとまった文化圏
 であることを理解します。
②古代民主政の特色を現代民主政治と対比して
 とらえ,その限界を明らかにします。
③元首政と専制君主政を対比し,性格を理解し
 ます。
④キリスト教の精神が,ヨーロッパ文化の1つ
 の源流となることを理解します。


①インダス文明・アーリア人の侵入以後の文化
 ・社会・国家の発展をみながら,南アジア世
 界の形成過程を理解します。
②東南アジアの諸文明についての特徴を理解し
 ます。
③東アジアが独自の世界としてまとまりを保っ
 てきたことを理解します。
④アメリカ大陸における文明発展の中心となっ
 たアステカ・インカ文明について理解します。


①内陸アジアの地理的特質を把握し,台頭した
 遊牧民とその国家の動向を,オアシス民の活
 動とともに理解します。
②東アジアにおける北方遊牧民の動向と,三国
 時代から魏晋南北朝という中国の分裂と動乱
 の時代を理解します。
③隋唐帝国の国家制度や文化,日本を含む東ア
 ジア世界諸国の国家体制の整備やその動向を
 理解します。


①西アジアの乾燥地帯を舞台に形成されたイス
 ラーム世界の特質を把握し、イスラーム教が
 急速に拡大した原因や背景を理解します。
②十字軍や国土回復運動などでは,ヨーロッパ
 史と関連した地中海世界の変革という巨視的
 な学習の必要性を認識します。
①中間考査




















②期末考査
【課題・提出物等】
①授業ノート
②GW課題
③小テスト
【第1学期の評価方法】
①中間・期末考査の成績を中心に評価します。
②授業への取り組み・提出物の内容・期限についても評価の対象となります。
学期
第5章 ヨーロッパ世界の形成と発展
 1.西ヨーロッパ世界の成立
 2.東ヨーロッパ世界の成立
 3.西ヨーロッパ中世世界の変容
 4.西ヨーロッパの中世文化
















第6章 内陸アジア世界・東アジア世界の展開
 1.トルコ化とイスラーム化の進展
 2.東アジア諸地域の自立化
 3.モンゴルの大帝国





第7章 アジア諸地域の繁栄
 1.東アジア世界の動向
 2.清代の中国と隣接諸地域
 3.トルコ・イラン世界の展開
 4.ムガル帝国の興隆と
        東南アジア交易の発展
①ゲルマン民族移動の原因,フランク王国発展
 の背景を理解します。 
②封建制が歴史的経過の中で形成されたことを
 理解し,そこで生きる農奴の様子を理解しま
 す。
③教会が土地・人民を支配し政治的権力者であ
 ることを理解します。
④十字軍の経過は、西ヨーロッパ世界に大きな
 影響を及ぼし、中世世界が変動するきっかけ
 になったことを把握します。 
⑤教皇権が衰退した理由と,王権の伸張の相互
 関係について理解します。 
⑥宗教改革の先駆として,教会改革運動の意義
 を理解します。 
⑦封建制崩壊について,「諸侯・騎士の没落」
 「市民層の成長」「王権の伸張」という構図
 を理解します。 
⑧百年戦争を理解し,フランスの中央集権化の
 動機となったことを理解します。


①内陸アジア世界におけるトルコ人の活動とイ
 スラーム化の進展を理解します。
②契丹や女真といった遊牧諸勢力の台頭や日本
 を含めた東アジア諸地域の勢力交替,宋の興
 亡と社会や文化の特色を理解します。
③モンゴル帝国の興亡と,その活動が日本を含
 む諸地域世界に与えた影響の大きさを理解し
 ます。

①中華帝国を再現した明朝の動向とともに,朝
 鮮や日本など東アジア世界の状況を理解しま
 す。
②清朝の形成した広大な領域支配とその社会や
 文化とともに,東アジア世界の動向を理解し
 ます。
①ティムール朝の発展が,トルコ=イスラーム
 文化の形成をもたらしたことを理解します。
②オスマン帝国のバルカン支配の影響を押さえ,
 今日の民族問題について理解します。
③デリー=スルタン朝からインドのイスラーム
 化が本格的に始まっていることを理解します。
④ムガル帝国支配の弱体化では,後のイギリス
①中間考査
































②期末考査
【課題・提出物等】
①授業ノート
②夏季課題
③小テスト
【第2学期の評価方法】
①中間・期末考査の成績を中心に評価します。
②授業への取り組み・提出物の内容・期限についても評価の対象となります。
学期
第8章 近世ヨーロッパの形成
 1.ヨーロッパ世界の拡大
 2.ルネサンス
 3.宗教改革
 4.ヨーロッパ諸国の抗争と
   主権国家体制の形成








第9章 近世ヨーロッパ世界の展開
 1.重商主義と啓蒙専制主義
 2.ヨーロッパ諸国の海外進出
 3.17~18世紀の
       ヨーロッパの文化と社会








第10章 近代ヨーロッパ・
        アメリカ世界の成立
 1.産業革命
 2.アメリカ独立革命
 3.フランス革命とナポレオン
①大航海時代の背景や新航路の発見について,
 大局的視点から考察します。
②スペイン・ポルトガルのラテンアメリカ植民
 地は,インディオ・黒人奴隷の犠牲によって
 成り立っていること理解します。
③植民地活動の主導権の流れを理解します。
④中世世界からの開放を目指す,ルネサンス運
 動の意義を理解します。
⑤ルター・カルヴァンを中心とする新教が聖書
 と信仰を重視していることを理解し,改革に
 至るまでの背景とその後の社会の与えた影響
 について理解します。


①絶対主義の成立と,その性格について理解し
 ます。
②権利の請願の内容と意義について,ピューリ
 タン革命の経緯と意義について理解します。
③王と議会の関係を捉え,名誉革命が行われた
 理由を理解します。
④ルイ14世の絶対王政を中心に捉え,フラン
 ス革命の原因を考えます。
⑤啓蒙専制主義と絶対君主政の類似点と相違点
 を理解します。


①イギリスから産業革命が起こった原因・背景
 について多角的に検討し,理解します。
②合衆国憲法の制定過程,条文を考察させ,合
 衆国の性格を把握します。
③旧制度下の社会状況を考察させ,何が社会矛
 盾となっていたかを理解します。
④フランス革命の成果を握ったのは,結局どの
 ような社会層であったかを理解します。
①学年末考査
【課題・提出物等】
①授業ノート
②冬季課題
③小テスト
【第3学期の評価方法】
①学年末考査の成績を中心に評価します。
②授業への取り組み・提出物の内容・期限についても評価の対象となります。
【年間の学習状況の評価方法】
①1・2・3学期の評価を総合(4つの観点を含む)して,年間の評価とする。

(2)評価の観点、内容および評価方法
評価の観点および内容 評価方法
関心・意欲・態度
①授業に積極的に参加しているか。
②世界史に関するTV番組・VTR・DVDを積極
 的に視聴したり,図書館・博物館・企画展
 等に足を運び意欲的に学ぼうとしているか。
①授業中の発表,視聴覚教材の鑑賞態度,ノ
 ート提出・課題提出などをもとに評価しま
 す。
思考・判断・表現
①世界史の授業で学習したことをもとに,現
 代に起こる様々な人類の課題を,多角的・
 多面的に考察できるか。
①授業中の発表,定期考査などをもとに評価
 します。
資料活用の
技能・表現
①様々な資料を活用して,それぞれの時代の
 政治・経済・社会・文化等の特徴について
 理解を深められるか。
①授業中の発表,定期考査などをもとに評価
 します。
技能および知識・理解
①世界史を理解するために,必要な基本的知
 識を身につけているか。
②世界の歴史の流れをわが国の歴史と関連づ
 けながら理解しているか。
①授業中の発表,定期考査などをもとに評価
 します。

3 担当者からのメッセージ

確かな学力を身に付
けるためのアドバイス
①授業を「集中」して受けることが大切です。特に,部活動に加入している生徒は,勉強
 時間を確保しにくいと思います。授業ですべてを理解する気持ちで臨んでください。
②板書以外にも自分が気づいたことや考えたこと,先生や他の生徒の意見を記入するなど
 「ノート」のとり方を工夫してください。
③授業で学習したことをもとにして,「新聞」(特に国際面)を読んでください。
④『世界史重要語句 Check List』『詳説世界史スタンダードテスト』を繰り返し使用してくださ
い。空欄補充問題で知識を増加させ,入試出題パターンを掴むことで効率が良くなります。
授業を受けるに当た
って守ってほしい事項
①授業ノート・『最新世界史図表』・『世界史B用語集』を必ず持参し,活用しながら授
 業を受けてください。
②生徒と教師・生徒と生徒の「対話」がある授業(発言の多い授業)は,たいへん楽しい
 ものです。正誤を気にする必要はありませんので、積極的な発言を期待します。
③集中して取り組むとき,リラックスするときなど授業にメリハリをつけて下さい。
その他のアドバイス
①世界史の学習は,細かい年号や人物名,事件名などを暗記することだけではないので
 す。基本的事項をきちんと暗記・理解しながら,歴史的出来事には「どのような背景が
 あるのか」「わが国とどのような関わりをもっているのか」「世界の中でどのように位
 置付けられているか」を意識して勉強してください。
②歴史を様々な角度から捉えるように意識してください。
③授業内容と大学入試の内容は,かけ離れたものではありません。大学入試に対応できる
 ような学力を身につけつつ,世界史を学ぶ楽しさを感じてください。
④世界史に関するTV番組・VTR・DVDを見たり,図書館・博物館・企画展等へ行くことに
 より,歴史への興味・関心が高まります。是非,足を運んでみてください。