私立 千葉商科大学付属高等学校  シラバス

国語科 「古典(3年特進文系)」  単 位 数 4 単 位
学科・学年・組
 普通科・3年特進文系・H組

1 学習の到達目標等

学習の到達目標
・古文や漢文に用いられている語句の意味,用法及び文の構造を理解する。
・文章や作品の内容を構成や展開に即して的確にとらえる。
・文章や作品の表現上の特色を理解する。
・大学入試問題に対応した力を身に付ける。
使用教科書
東京書籍『精選古典B 古文編 漢文編』
副教材
第一学習社『完全マスター古典文法』,東京書籍『新総合図説国語』,駿台文
庫『標準編古典読解問題』,いいずな書店『Key&Point古文単語330』,尚
文出版『共通テスト対策古典完答24』

2 学習計画及び評価方法等

(1) 学習計画等
学期 学 習 内 容 学 習 の ね ら い 備考(特記事項,
他教科との関連など)
学期
(中間考査範囲)
〔古文編〕
  『蜻蛉日記』
  『紫式部日記』
  『和泉式部日記』

〔漢文編〕
  『十八史略』
 

問題演習



(期末考査範囲)

〔古文編〕
  『平家物語』



〔漢文編〕
  文「唐宋八大家の文章」

問題演習
・中古の日記文学を読み,当時の人々の考
 え方を把握します。
・それぞれの作者と時代背景について確認しま
 す。

・史話を読み,登場人物の置かれた状況と行動
 を理解します。


・大学入試の問題演習をします。





・中世の軍記物語を読み,軍記独特の文体
 や語彙を確認します。
・当時の時代背景・人間関係を把握します。


・文章の構成や展開を理解し,述べられている
 論旨 について考察します。
・筆者の価値観や問題意識について考えます。


・大学入試の問題演習をします。

※古文単語テスト
は
随時実施




中間考査











期末考査
【課題・提出物等】
プリント・ノートなど
【第1学期の評価方法】
定期考査成績,古文単語テスト成績,ノート・プリントなどの提出物の内容,学習活動への参加の姿勢や態度を
総合し
て評価します。
学期
(中間考査範囲)

〔古文編〕
  『無名草子』
  他  


〔漢文編〕
大学入試問題演習


(期末考査範囲)
〔古文編〕
『源氏物語』他

〔漢文編〕
大学入試問題演習 
・物語評論で述べられた古人のものの見方,感
 じ方の特色を理解します。
・文学理念とはどのようなものであるのかとい
 うことを読み取ります。



・大学入試の問題演習をします。



・登場人物の行動や心情の推移を読み取りま
 す。
・場面設定や自然描写などを確かめながら,
 物語の 世界を読み味わいます。

・大学入試の問題演習をします。
※古文単語テスト
は
随時実施

中間考査










期末考査
【課題・提出物等】
プリント・ノートなど
【第2学期の評価方法】
定期考査成績,古文単語テスト成績,ノート・プリントなどの提出物の内容,学習活動への参加の姿勢や態度を
総合して評価します。
学期
なし
なし
なし
【課題・提出物等】
なし
【第3学期の評価方法】
なし
【年間の学習状況の評価方法】
考査などの成績以外に,提出物の内容や完成度なども点数化し,取り組み姿勢も考慮に入れ総合的に評価します。

(2)評価の観点、内容および評価方法
評価の観点および内容 評価方法
関心・意欲・態度
・予習・復習を欠かさないか。
・ノートや課題などは提出しているか。
課題の提出や,平常授業への取り組み姿勢で
評価します。
思考・判断・表現
・本文の内容をしっかりと把握し,主題を導
 き出せたか。
授業中の発言や,ノートの内容,古文単語テ
ストや考査の成績などで評価します。
資料活用の
技能・表現
・図説や図書館資料などで,古典の時代背景
 を調べ,理解したか。
授業中の発言や,ノートの内容で評価しま
す。
技能および知識・理解
・古典を正しく解釈できるようになったか。
・古文単語や文学史などの知識が身についた
 か。
古文単語テストや考査の成績などで評価しま
す。

3 担当者からのメッセージ

確かな学力を身に付
けるためのアドバイス
毎日の学習が大切な科目ですので,何度も繰り返して単語の暗記や文法の定着を図りまし
ょう。多くの文章を読み,文中の語句や句法を把握してください。
また,大学入試問題は設定された時間内で解答し,できなかった箇所を必ず復習してくだ
さい。
授業を受けるに当た
って守ってほしい事項
古典の基礎知識から応用的な文法まで体系的に学習しますので,毎時間の授業内容を確実
に理解することが大切です。予習・復習を欠かさないようにして下さい。特に,教科書の
本文は,必ず自分で口語訳することによって,理解不足のないようにしましょう。
その他のアドバイス
古文は現在使われている言語のルーツです。決して難解な言語を学ぶ科目ではありませ
ん。苦手意識をなくし,着実な学習を心掛けて下さい。地道な努力を続ければ,必ず結果
の現れる科目です。