私立 千葉商科大学付属高等学校  シラバス

商業科 「情報処理(2年商業科ITビジネス型)」  単 位 数 3 単 位
学科・学年・組
商業科(ITビジネス型)・2年I組J組K組

1 学習の到達目標等

学習の到達目標
・ビジネスの諸活動における情報の意義や役割を理解し、情報をビジネスに積極的に活用
する態度を身につける。
・コンピュータの基本的な仕組みやソフトウェアなどに関する基礎的な知識を習得し、目
的に応じた機器の利用ができる。
・表計算ソフトウェアやワープロソフトウェア、プレゼンテーションソフトウェア、情報
通信ネットワークなどを活用したビジネス情報の処理ができる。
使用教科書
実教出版「最新情報処理」
副教材
実教出版「全商情報処理検定 模擬試験問題集2級」

2 学習計画及び評価方法等

(1) 学習計画等
学期 学 習 内 容 学 習 の ね ら い 備考(特記事項,
他教科との関連など)
学期
4章 ビジネス文書の作成
 1節 ビジネス文書と表現
 2節 図形と画像の活用
 3節 基本文書の作成
 4節 応用文書の作成
・文書情報がコミュニケーションの重要な手段としてビジネスの諸活動の中で果たしている役割や種類
について理解させる。
・図形や画像情報の活用により情報の簡潔化、明瞭化、印象の強化などの効果が期待できることについて理解させる。
・ワープロの利用に関する知識と技術を習得させ、文書の構成、構成要素の配置、文書作成の要領について理解させるとともに、基本的な社内文書や社外文書を取り上げて、作成に関する知識と技術を習得させる。
・ワープロの多様な機能を利用して、表やグラフなどを含む応用的な文書の作成に関する知識と技術を習得させる。

・ITパスポート範囲に関する学習を通して,情報に関するより深い知識の習得を目指す。
・コンピュータを
使った実践的な学
習をする。
・全国商業高等学
校協会の情報処理
検定2級を9月に
受験することが可
能である。
【課題・提出物等】
演習ファイル,課題プリント,ノート
【第1学期の評価方法】
定期考査,実技試験,提出物,学習への取り組みなどによる総合的評価。
学期
第3章 ビジネス情報の処理と分析
 4節 情報の整列・検索・抽出
 5節 ビジネスと統計

ITパスポート範囲に関する学習
・表のデータを目的に応じた利用しやすい形で取り出し活用するため、整列や検索の技法などをぶ。
・目的に応じた適切な計算やビジネスにおける需要予測などの傾向をとらえる力を習得させる。

・ITパスポート範囲に関する学習を通して,情報に関するより深い知識の習得を目指す。
・コンピュータを
使った実践的な学
習をする。
・全国商業高等学
校協会の情報処理
検定1級を翌年1
月に受験すことが
可能である。
【課題・提出物等】
演習ファイル,課題プリント,ノート
【第2学期の評価方法】
定期考査,実技試験,検定試験,提出物,学習への取り組みなどによる総合的評価。
学期
第3章 ビジネス情報の処理と分析
 4節 情報の整列・検索・抽出
 5節 ビジネスと統計

ITパスポート範囲に関する学習
・表計算ソフトウェアの特徴を理解し、基本操作ができるようにする。
・関数を利用して有用なビジネス情報を導き出すための技法を学ぶ。・合計、平均、最大値、最小値、
判定、件数カウント、端数処理、順位付けや日付などの関数を利用できるようにする。
・表の検索や文字列の加工、データベース関数など応用的な関数が利用できるようにする。
・グラフを用いて表のデータをわかりやすく表現できるようにするため、グラフの基礎知識や作成方法
を学ぶ。
・コンピュータを使った実学的な学習をする。
・ITパスポート資格試験に随時挑戦をすることが可能である。
【課題・提出物等】
演習ファイル,課題プリント,ノート
【第3学期の評価方法】
定期考査,実技試験,検定試験,提出物,学習への取り組みなどによる総合的評価。
【年間の学習状況の評価方法】
期末考査評価,実技試験評価,検定試験評価,提出物評価,学習への取り組み状況評価などの総合評定。

(2)評価の観点、内容および評価方法
評価の観点および内容 評価方法
関心・意欲・態度
情報の収集・処理・分析・表現について関心を持
ち、ビジネスの諸活動において情報を活用するこ
とを目指して主体的に取り組もうとするととも
に、情報を活用する実践的な態度を身に付けてい
る。
・学習活動への参加の仕方や態度,課題等の提出
物,生徒自己評価及び生徒間相互評価で評価しま
す。
思考・判断・表現
ビジネスの諸活動において情報を主体的に活用す
ることを目指して思考を深め、基礎的・基本的な
知識と技術を基に、ビジネスの諸活動に携わる者
として適切に判断し、表現する創造的な能力を身
に付けている。
・学習活動への参加の仕方や態度,生徒自己評価
及び生徒間相互評価,授業の中での簡単な口頭試
問で評価します。
資料活用の
技能・表現
情報の収集・処理・分析・表現に関する基礎的・
基本的な技術を身に付け、ビジネスの諸活動にお
ける情報の活用を合理的に計画し、その技術を適
切に活用している。
・学習活動への参加の仕方や態度,検定試験,生
徒自己評価及び生徒間相互評価,実技試験や習熟
度の確認で評価します。
技能および知識・理解
情報の収集・処理・分析・表現に関する基礎的・
基本的な知識を身に付け、情報の意義や役割につ
いて理解している。
・期末考査,検定試験,授業の中での実技試験で
評価します。

3 担当者からのメッセージ

確かな学力を身に付
けるためのアドバイス
・実習が中心の授業なので,公欠などで授業を欠席したときには,必ず放課後に残ってその日までの
内容を学習しておいて下さい。
・報告書やプレゼンテーション資料などの授業での作品は皆さんの財産になります。常に自己評価を
行い,より完成された作品を目指して下さい。
授業を受けるに当た
って守ってほしい事項
・授業は毎時間コンピュータ室で行ないます。チャイムと同時に開始しますので,教材・教具を準備
し,ログオンを完了していて下さい。
・同じコンピュータを複数の生徒が使用しますので,丁寧に扱い,実習終了後の整理整頓に心がけて
下さい。
・コンピュータ室の使用上の注意を守る。
その他のアドバイス
・全商情報処理検定が夏季休業・冬季休業明けに行われるので,休業中に忘れないように学習してく
ださい。