私立 千葉商科大学付属高等学校  シラバス

商業科 「情報処理(1年生)」  単 位 数 2 単 位
学科・学年・組
商業科・1年K・L組

1 学習の到達目標等

学習の到達目標
1 コンピュータやインターネットなどの情報通信ネットワークの活用を通して,情報を
適切に収集・処理・発信するための基本的な知識と技術を習得する。
2 情報を主体的に活用しようとする態度を身につける。
使用教科書
実教出版「最新情報処理」
副教材
実教出版「全商ビジネス文書実務検定 模擬試験問題集3級」
実教出版「全商情報処理検定 模擬試験問題集3級」

2 学習計画及び評価方法等

(1) 学習計画等
学期 学 習 内 容 学 習 の ね ら い 備考(特記事項,
他教科との関連など)
学期
4章 ビジネス文書の作成
 1節 ビジネス文書と表現
 2節 図形と画像の活用
 3節 基本文書の作成
 4節 応用文書の作成

プレゼンテーションソフトの活用
 グループワークによるプレゼン作成
・文書情報がコミュニケーションの重要な手段とし
て,ビジネスの諸活動の中で果たしている役割や種
類について理解させる。
・図形や画像情報の活用により情報の簡潔化,明瞭
化,印象の強化などの効果が期待できることについ
て理解させる。
・ワープロの利用に関する知識と技術を習得させ,
文書の構成,構成要素の配置,文書作成の要領につ
いて理解させるとともに,基本的な社内文書や社外
文書を取り上げて,作成に関する知識と技術を習得
させる。
・ワープロの多様な機能を利用して,表やグラフな
どを含む応用的な文書の作成に関する知識と技術を
習得させる。


・グループワークを行いながらプレゼンテーション
ソフトの活用を習得させる。
・職業について調査プレゼンさせることで就労感な
どを養う。
・各自の学習進度
に応じて,全国商
業高等学校協会の
ワープ
ロ検定1級~3級
を受験することが
可能である。
・タッチメソッド
の習得に力を入れ
る。
・総合的な学
習の時間のレポー
作成などにもワー
ロ操作の習得が効
的である。
【課題・提出物等】
10分間速度,15分間文書課題を毎時間実施ビジネス文書検定3級筆記課題を課す
【第1学期の評価方法】
考査評価,提出物評価,実技テスト,検定試験,学習への取り組み状況などによる総合評価。
学期
第3章 ビジネス情報の処理と分析
 1節 基本的な表の作成
 2節 関数を利用した表の作成
 3節 グラフの作成
 4節 情報の整列・検索・抽出
 5節 ビジネスと統計
・表計算ソフトウェアの特徴を理解し、基本操作が
できるようにする。
・関数を利用して有用なビジネス情報を導き出すた
めの技法を学ぶ。
・合計、平均、最大値、最小値、判定、件数カウン
ト、端数処理、順位付けや日付などの関数を利用で
きるようにする。
・表の検索や文字列の加工、データベース関数など
の応用的な関数が利用できるようにする。
・グラフを用いて表のデータをわかりやすく表現で
きるようにするため、グラフの基礎知識や作成方法
を学ぶ。・表のデータを目的に応じた利用しやすい
形で取り出し活用するため、整列や検索の技法など
を学ぶ。
・目的に応じた適切な計算やビジネスにおける需要
予測などの傾向をとらえる力を習得させる。
・コンピュータを
使った実践的な学
習をする。
・全国商業高等学
校協会の情報処
理検定3級を受験
すことが可能であ
る。
【課題・提出物等】
演習ファイル,課題プリント,ノート
【第2学期の評価方法】
定期考査,実技試験,検定試験,提出物,学習への取り組みなどによる総合的評価。
学期
1 情報機器の発達とその仕組み
 (1) メディアのしくみ
  ① ディジタル情報の扱い
  ② 数値・文字の表し方
  ③ 音のディジタル化       

2 知的財産権

3 ネットワークの心がまえ
 ① 情報化の影
 ② セキュリティ
 ③ 知的財産権
 ・DVDビデオ鑑賞 2時間
  ノート,ワークの提出
・表現メディアについて学習する。 アナログとデ
ィジタルの違いとその特徴について理解する。
・2進表現がコンピュータ内部でどのような量に対
応しているかを調べ,次に情報量やその単位につい
て理解します。
・著作権やプライバシーの保護やモラルなど,情報
を取り扱う際に留意すべき点について理解します。
なし
【課題・提出物等】
学習ノート
【第3学期の評価方法】
考査評価,提出物評価,実技テスト,学習への取り組み状況などによる総合評価。
【年間の学習状況の評価方法】
考査評価,提出物評価,実技テスト,学習への取り組み状況などによる総合評価。

(2)評価の観点、内容および評価方法
評価の観点および内容 評価方法
関心・意欲・態度
・コンピュータや情報通信ネットワークなどに関
心を持っているか。
・身の回りにある様々な問題の解決を通して,情
報を主体的に活用しようと努力しているか。
・学習活動への参加の仕方や態度
・課題等の提出物
・生徒自己評価及び生徒間相互評価
思考・判断・表現
・情報を収集・処理・発信する場合に,方法を工
夫したり,目的に応じてその手段や方法を改善し
たりしているか。
・情報を収集・処理・発信する場合に,情報モラ
ルを考慮しているか。
・学習活動への参加の仕方や態度
・生徒自己評価及び生徒間相互評価
・授業の中での簡単な口頭試問
資料活用の
技能・表現
・コンピュータや情報通信ネットワークなどを活
用しているか。
・目的に応じて情報を適切に収集・処理・発信す
るための基礎的な技能を修得しているか。
・学習活動への参加の仕方や態度
・実技テストや習熟度の確認
技能および知識・理解
・情報を適切に収集・処理・発信するための基礎
的な知識を身に付けているか。
・情報社会における情報技術の役割や影響を理解
しているか。
・定期考査
・授業の中での実技テスト

3 担当者からのメッセージ

確かな学力を身に付
けるためのアドバイス
・実習が中心の授業なので,公欠席などで授業を欠席したときには,必ず放課後に残ってその日まで
の内容を学習しておいてください。
・実習を通じて,問題の発見や解決能力,情報活用の能力を高めていき,実社会に役立てられるよう
な実践力を身に付けることが大切です。
授業を受けるに当た
って守ってほしい事項
・授業は毎時間コンピュータ室で行います。チャイムと同時に開始しますので,教材・教具を準備
し,ログオンを完了していて下さい。
・授業中は説明を確実に聞いてください。
・コンピュータなどの情報機器の操作・取り扱いについては丁寧に扱ってください。
・提出物は確実に期限までに提出してください。
・コンピュータ室の使用上の注意を守ってください。
その他のアドバイス
なし