私立 千葉商科大学付属高等学校  シラバス

商業科 「ビジネス実務」  単 位 数 2 単 位
学科・学年・組
商業科・2学年・I組J組K組

1 学習の到達目標等

学習の到達目標
多面的にビジネスについての基礎知識を学び,実務の世界に役立つノウハウを修得するこ
とを目標とする。
使用教科書
ビジネス実務(東京法令出版)
副教材
全商珠算・電卓実務検定模擬試験問題集(実教出版)

2 学習計画及び評価方法等

(1) 学習計画等
学期 学 習 内 容 学 習 の ね ら い 備考(特記事項,
他教科との関連など)
学期
全商珠算電卓実務検定を通じたビジネス計算と電卓技術の向上
1.普通計算
 A 乗算 被乗数・乗数6桁~8桁の計算  
 B 除算 除数・商5桁~7桁の計算    
 C 見取算 3桁~7桁の加減算
 D 伝票算 納品伝票計算

2.ビジネス計算
 ・割合に関する計算
 ・貨幣換算
 ・度量衡の換算
 ・売買・損益の計算
 ・単利計算

第1章 オフィス実務
 第1節 企業の組織と仕事
 第2節 職業人としての心構え
○1年次より活用してきた電卓をさらに活用し,ビジネス社会で実践的に扱える技術の修得を目標とし
ます。

○企業の概念や株式会社の仕組みを理解させ「企業」とは何かを理解し,企業の役割や必要性を学び
ます。
○労働者と雇用者という契約関係において,どのような契約がなされるか,また,どのような心構えが
必要であるかを理解していきます。
ビジネス基礎
マーケティング
情報処理
商品開発
【課題・提出物等】
・授業確認プリント
・授業内小テスト
【第1学期の評価方法】
・定期考査・ノート,プリント提出
・授業への出席状況および取り組み態度
学期
 第3節 コミュニケーションとビジネスマナー
 第4節 情報化とオフィス実務
 第5節 税の申告と納付
○実践的な実習を取り入れ,ビジネスマナーについての理解と技術の修得を目指します。
○1年次に学んだ情報分野と関連付けながら情報社会においてビジネスがどのような位置づけであるか,またどのような点で注意を払わなければならないかを理解させ,情報化社会に対応できる知識の修得を目指します。
○企業に課せられる税について,種類や算出方法,また申告から納付までの手順などを理解させる。また,1年次より学習している簿記と関連付けながら理解を深めます。

○授業で学んだコミュニケーションを活用し,アンケート調査で体験的に実践活動を行います。
○商品開発協力企業の方と実践的なコミュニケーションを行い,学んだ内容の深い理解を目指します。
ビジネス基礎
マーケティング
情報処理
商品開発
【課題・提出物等】
・授業確認プリント
・授業内小テスト
【第2学期の評価方法】
・定期考査
・ノート,プリント提出・授業への出席状況および取り組み態度
・全国商業高等学校協会主催 電卓実務検定試験
学期
第2章
 第1節 国際化とコミュニケーション
 第2節 ビジネスの会話
 第3節 ビジネス文書
○国際的なビジネスで共通的に必要な挨拶やマナーを修得し,実践的な活用を目指します。
○異文化を理解しそれを受け入れるだけでなく,異文化差異による商慣習の違いや日本独自の商慣習の理解を目指します。
○ビジネス社会で必要な会話の修得を目指します。
○電話の受け答えや商取引を英語で行うポイントを理解していきます。
○一般的に用いられるビジネス文書の英語表現について理解を深めます。
なし
【課題・提出物等】
・授業確認プリント
・授業内小テスト
【第3学期の評価方法】
・定期考査
・ノート,プリント提出
・授業への出席状況および取り組み態度
【年間の学習状況の評価方法】
・定期考査・提出物と授業態度・全高商業高等学校協会主催 電卓実務検定試験 取得状況

(2)評価の観点、内容および評価方法
評価の観点および内容 評価方法
関心・意欲・態度
・授業時の発表,実習態度
・個人名簿にチェック
思考・判断・表現
・課題,提出物の取り組み
・5段階評価で評価を行う
資料活用の
技能・表現
・課題レポート
・レポート内容にて評価
技能および知識・理解
・検定試験,定期考査,授業内小テスト
・点数及び取り組み状況にて評価

3 担当者からのメッセージ

確かな学力を身に付
けるためのアドバイス
・各時間の授業をしっかり聞き,課題レポートなどを必ず提出してください。
授業を受けるに当た
って守ってほしい事項
・ノートは板書をただ写すのではなく,担当の先生が話したことなどもメモを取りながらまとめてい
きましょう。
その他のアドバイス
・検定前補習はしっかり参加をしていきましょう。