救急蘇生法講習会


蘇生ガイドライン

 救急蘇生法講習会には,緊急度の高い処置や手当を必要とする第一次救命活動の手技取得を通し,人命救助の大切さや生命を尊ぶ心を育む目的があります。
 講習会を受けた生徒達には認定証として普通救命講習会修了証が渡されます。


平成25年度レポート!

 社団法人日本医学協会から特別指導員の方をお招きし,本年度も実施されました。
 31日は下記の4項目について3時間,講習と訓練を行いました。真剣に耳を傾け,集中力を切らすことなく取り組めていたかと思います。


心肺蘇生

 心肺停止時の対処方法を一通り説明していただき,実際に人型の模型を用いて胸骨圧迫の練習をしました。

異物除去

 喉にものがつまり呼吸困難になった際は,腹部突き上げ法により異物を吐き出させるそうです。

三角巾

 三角巾を汚さず折る方法,患部への巻き方などを練習しました。

搬送

 1人の場合,大人数の場合など,状況に応じた搬送方法をそれぞれ学びました。