芸術鑑賞会の概要および記事一覧に戻る

平成26年度芸術鑑賞会

 本年度も市川市文化会館にて,芸術鑑賞会が行われました。
 今季は東京演劇集団風(KAZE)の皆様による,シェイクスピアの代表作「ハムレット」の演劇を鑑賞しました。


※写真の転載等は控えてくださりますようお願いいたします。

同日に,柏葉祭の表彰式および総務役員任命式も行いました。


 詳細は平成26年度柏葉祭レポートをご覧ください。

 デンマークの王子ハムレットは,偉大な国王であった父の死と,そしてその後二ヵ月の早さで母ガートルードが新国王クローディアス(王の実弟)と再婚したことで,ひとりふさぎ込んでいました。そんなある日…


 2時間もの長時間に及ぶ作品でしたが,生徒たちはみな真剣に鑑賞している様子でした。
 映像では味わえない生の演劇の面白さを感じたり,演技力,台詞回しや演出などに惹かれたり,様々な発見や感動があったかと思います。

 終わりに,新総務委員長から演者の皆様に,感謝の言葉と花束が贈呈されました。

東京演劇集団風の「ハムレット― to be or not to be」

 世界でもっとも知られた劇作家ウィリアム・シェイクスピアの代表作のひとつが「ハムレット」です。
 400年以上前に書かれたこの作品は,今なお世界中で上演されています。


 「To be, or not to be, That is the question」は劇中の有名な台詞です。
 風は「To be, or not to be: このままでいいのか,いけないのか」という訳を使い,それをサブタイトルに据え,"生きることへの問い"として,作品に新しい息を吹き込んできました。
 過去をふり返り,今と向き合い,未来へと踏み出す一歩として。

(東京演劇集団風公演2014ハムレット 観劇の手引より一部抜粋)