夏季休暇を迎えて

 

梅雨明けが待たれるところですが、本校では7月18日に終業式を行い、7月23日までの夏季進学講習を終えて生徒は夏季休暇を迎えました。

3年生は進路へ向けての三者面談。1,2年生は部活動や1学期にできなかったことや趣味などそれぞれに時間を費やすことでしょう。一人ひとりが充実した楽しい夏季休暇となることを期待しています。

終業式を迎えるまでには美化活動、全校一斉英単テスト、芸術鑑賞会(新国立劇場でのバレエ鑑賞)、期末考査、希望者によるアメリカのポートランドへのホームステイ出発、薬物乱用防止教室、千葉商科大学及び早稲田大学への訪問などがありました。まさに行事が目白押しです。今年は更に千葉商科大学で開催しているCUCサマープログラムが本校でも開催されました。昨年度までは千葉商科大学に本校の生徒が参加するというスタイルでした。しかし今年は千葉商科大学にステイしている15カ国・地域から21大学61名の留学生が本校を訪問してくれました。その詳細はこのHPで紹介されています。本校の国際交流を推進する行事ともなりました。これからこのような行事、プログラムをたくさん取り入れていきたいと考えています。興味のある人は是非学校説明会などに参加して下さい。本校では授業だけでなく学校行事を通して多くを学び、人間性を高めていきます。知識だけでなく経験を通して学ぶことは重要です。そしてそこから何を学び、自分がどのように成長したかを自覚し、改善点を見つけ今後どのようにすべきかを考えることが大切です。これらの学びを繰り返し、本校の生徒は必ず未来の社会に貢献する人材へと成長していきます。その様子は随時HPで公開していきます。

昨日教員採用説明会を実施し、本日は本年度最初の学校説明会を開催しました。中学生と本校の教員を目指す人たちへ本校の教育及びこれからの教育についてお話をさせて戴きました。学校説明会では制服の展示や新校舎の説明、国際交流ブースなどもあり、保護者を対象にした校長講和では本校の教育の現状とこれからの教育についての説明もしました。新校舎着工、千葉商科大学との7年一貫教育を目指した高大教育連携、国際交流教育の推進など今後の取り組み課題は山積しています。

昨日の教員採用説明会、本日の学校説明会、どちらの参加者も日本の未来を担う若者です。説明会参加者が本校の教育に賛同し、本校で共に学び、未来の社会に貢献することを切に願っています。そのような人材を育成するため本校はまだまだ発展していきます。今後の千葉商科大学付属高校にご注目下さい。

保護者会・千葉商科大学入試説明会を終えて

6月1日(土)各クラスによる保護者会を行ないました。本日は授業を公開し、生徒の日常生活の一端や授業の様子を保護者の皆様に御覧いただきました。特に1年生の保護者は高校の授業を初めて見る機会であり、大勢の方が授業を参観されていました。ご子女の授業はいかがだったでしょうか。

授業・HR終了後中間考査の結果や日常生活の様子などを各クラスにて担任よりお話しさせていただきました。1年生は高校生となって二ヶ月。保護者の皆様も学校での様子を担任から説明され、今後の目標を立て直す機会となったのではないでしょうか。2年生は1年次の反省を生かして心機一転頑張った人、所謂中だるみで思うような結果に繋がらなかった人などそれぞれではないかと思います。10月には修学旅行もあります。部活動等も含め学校の中心となっていく時期です。2年生には先日の学年朝礼で3年生から受け継いだ伝統を1年生に伝え、指導するよう話しました。柏葉の精神を体現し、千葉商大付属の生徒としての誇りを持って頑張って欲しいと思います。3年生については千葉商科大学の入試説明会も開催されました。各自志望校に向けて努力していることと思います。近年の首都圏大学の定員厳格化に伴う、入試の難化傾向はまだ続くものと思われます。3年生はセンター入試制度の最後の学年となります。情報を収集し、確かな学力を身に付け、進路実現に向けて悔いのないようにこれからを過ごして下さい。

保護者会については各学年によりその目的、意義は異なります。保護者の方も忙しい時期かと思われますが、是非多くの保護者の方にご参加いただき、有意義な行事となるよう検討していきたいと考えております。保護者の方々も学校に足をお運びいただき、ご子女の学校での日常生活を見ていただくことにより、お互いの理解が深まり、ご家庭と学校が一体となって教育できるものと信じております。今回参加できなかった保護者の皆様とは他の学校行事などでお会いできることを楽しみにしております。

また、保護者会に先立ちまして新校舎の建設計画についてもご説明させていただきました。詳しくは配付資料の通りですが、引き続き決定事項についてはその都度お知らせしていく予定です。これから千葉商科大学付属高校の新しい校舎での新しい教育を推進していきます。

今後共本校の教育にご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

イオネスコ高校短期留学生を迎えて

今年も市川市とパートナーシップを結ぶイッシー・レ・ムリノー市のイオネスコ高校が来校し、5月24日(金)から6月1日(土)まで滞在しました。この短期交換留学プログラムも3年目を迎えました。思えば3年前市川市より依頼を受けてこのプログラムの検討に入った頃はどのようにしたらいいのか分からず、手探りで準備を進めあっという間に受入れの日が来たという印象が強かったように思います。それから毎年受け入れのプログラムにアレンジを加え日仏及び市川市とイッシー・レ・ムリノー市の交流の一助となるべく日本の文化や高校生の生活を楽しく体験して貰えるように工夫を重ねてきました。12月には本校の生徒がイオネスコ高校の生徒の家庭にホームステイします。
このプログラムの特徴は異文化理解に重点がおかれた交流であることです。つまり学校の中で学ぶというより異文化体験として期間中日本文化の理解に繋がるような場所を訪れるところにあります。コミュニケーションの手段は英語となります。お互い英語を母国語としないもの同士での英語による会話です。また参加に係る費用は交通費のみの負担というのも魅力的なものとなっています。学校で初めて顔を合わせた時はお互い硬い表情を見せていましたが、その日のうちに打ち解け、翌日の朝には楽しそうに会話をしていました。違う文化、異なる価値観を理解し合い、交流を深めることにより生徒達は著しく成長していきます。その姿には逞しさを感じます。若いときに国際感覚を磨くということは大切なことであると改めて実感しています。(プログラムの詳細は「フランス短期留学ブログ」を御覧下さい。)
7月には2年生の希望者がポートランドへホームステイに行きます。このような経験を通して世界に目を向け、世界とかかわり、志を持って自分を磨き成長していって欲しいと切に願っています。私達はそのような生徒を全力でサポートしていきます。
このプログラムの実施に当たり市川市国際交流課の皆さまをはじめ、受け入れていただいたご家庭及びご協力いただいた全ての方に、厚く御礼申し上げます。
今後とも両市及び両校の友好関係が続きますことを祈念しております。

柔道体験後の集合写真です。本校の柔道部員が協力してくれました。

1学年朝礼・リーダー講習会

 新学期がスタートして1ヵ月半が過ぎました。5月9日に1年生の学年朝礼があり、合宿講習後の成果について期待と不安を胸に朝礼に臨みました。というのも合宿講習後10日間のGWを挟んだ為、すぐに学校生活に生かすという場面がありませんでした。ところが生徒諸君は「時間を守る」、「静粛を保つ」、「明朗な挨拶」などその成果を十分に見せてくれました。オンとオフの切り替えもしっかりとできていました。そして振り返りで行なったアンケート集計を見ても、概ね合宿講習の意義を理解し、千葉商科大学付属高生としての伝統を受け継ぐ自覚と誇りを持ってくれたようです。本校に新しい芽が出て、葉を広げる準備ができたようです。「建学の精神」、「柏葉の精神」、「生徒目標」の3つの柱のもと、これからの3年間をしっかりとした目標を立てて頑張って欲しいと改めて思いました。
 翌日にはリーダー講習会が実施されました。この行事は本校の委員会活動となります。各実行委員会が生徒会を筆頭に学年の枠を超えて活動するためのスタートとなります。事前に各実行委員会を開催し、役員決めをしてリーダー講習会に臨みます。そこで各実行委員会の一年間の目標やその達成のための活動計画を発表します。生徒に「理念の共有」について話しながら本校の教育はリーダー育成に通じるものであると確信しました。今後の生徒諸君の活躍に期待しています。
 実は我々教員も年度当初に各部門別に目標を掲げその達成に向けて計画を発表します。それを元に所謂PDCAサイクルを回します。生徒と共に教員も前進して行きます。合宿講習の講話の中で印象に残った言葉としてアンケートに「夢は叶えるもの」という言葉があげられていました。目標を掲げ生徒も教員も「目標は達成するもの」として邁進していきます。

2019新学期スタート

 273名の新入生を迎え、2019年度新学期がスタートしました。
4月24日(水)~26日(金)に新入生合宿講習に行ってきました。今年から場所を移し、安房小湊での実施となりました。集合時は天候が心配されましたが、何とか全ての行事を終えることができました。
 この合宿講習という行事は今年で51回目となる本校にとってとても重要な行事です。2泊3日の中で千葉商科大学付属高校の生徒としてどうあるべきか、これからの3年間の本校での学びなどを伝えます。4月5日の入学式で新入生は本校の生徒となったわけですが、この合宿講習を終えて初めて本当の意味での千葉商科大学付属高校の生徒となり、本校の伝統の継承者となります。私学としての本校生徒としてのあり方は建学の精神、柏葉の精神、生徒目標の3つの教育の柱の上に成り立ちます。そしてこれらを具現化するために身に付けるべき5つの力が示されています。更に千葉学園の沿革を学ぶことによって諸先輩が連綿と受け継ぎ、発展させてきた本校の継承者としての誇りを身に付けます。正にこの学びこそが千葉商大付属高校のDNAを受け継ぐ行事であり、これからの3年間の学びの礎となるのです。
中学生から高校生になり、義務教育を終えて私立の学校に通うことの意義を実感したことと思います。また本校で何を、何の為に学び、社会に貢献していくかという志を生徒一人ひとりが胸に刻みこんだことでしょう。
 GWがあけて次に登校するときには元号も平成から令和となって新しい時代が始まります。思えば昭和から平成は新年明けて突然のことでした。今回は昨年退位の発表以来「平成最後の」という言葉をよく耳にしました。これは予め元号が変わることが分かっていたからです。予想できることには十分な準備ができ、対応することができます。しかしながらこれからの時代は予想できないことが多くなります。災害などはその際たるものです。
 合宿講習での学びを体得することによって生徒は未来の社会で逞しく生きる力を伸ばします。そして千葉商科大学付属高校の生徒として学び、未来の社会に貢献していく人材を育成するために本校も発展し続けていきます。