五月(皐月)

 学校が始まって一ヶ月が過ぎました。生徒たちも徐々に新しい環境に慣れてきたようです。
2018年は2020年大学入試改革対応の始まりの年でもあります。本校も2020年対応の体制でスタートしました。また、次に控える教育改革にも対応すべく着々と準備を進めています。ICT教育・ルーブリック評価・アクティブラーニングといろいろなものがスタートしました。働き方改革が叫ばれ教育界にも突きつけられた課題ですが先生方はいきいきと教育改革に対応し、次代を背負う子どもたちのために新しい教育を模索していて活気づいています。
 話は変わりますが五月は五月雨・五月晴れ・八十八夜の別れ霜などの言葉がありますが少しピント外れなところがあり残念です。これも旧暦・新暦の違いなのでしょうか。でも、暦にとらわれずにそのときそのときの自然を味わうのもいいと思います。私は、この連休は遠くには行かず、近くの公園を散歩したりして、鮮やかな緑(本校校旗の柏の葉の色)のきれいさを堪能しました。こういう連休もいいですね。これも、子どもが離れ年を取ったからでしょうか。

4月

新しい年度が始まりました。先月末、1年間のいろいろなことを思い出すとともに、リフレクションし、新年度の目標・抱負を考えました。
生徒たちもリフレクションし、より高いステージへと、自分自身を成長させていって欲しいと願っています。

穏やかな日が続き入学式を迎えることができるのは大変嬉しく思います。
しかし、自然というものはうまくいかないもので、桜の花は入学式を前に散ってしまいました。残念です。
でも、新入生の笑顔は桜の花以上に輝き、温かい気持ちにさせてくれるでしょう。
新入生たちが未来においてさらなる輝きを発してくれることを願っています。

3月 弥生

3月、卒業式です。あっという間に卒業を迎えたような気がします。
この子達とは校長として2年間の付き合いでしたが、いろいろなことを教えてもらい成長できたと思います。
大変ありがたく思っています。

柏の葉は枯葉ですが新芽の成長を楽しむかのようです。
校内の4本ある梅の木もいつものように花を咲かせています。
いつもと変わらない、しかし、目に見えぬところで毎年成長しているのでしょう。
成長しているからこそ、毎年きれいだと思えるのでしょう。
まだまだ寒さも続くようですが
3日は桃の節句
6日は啓蟄
21日春分の日
と、着実に春はそこまで来ているのですね。

2月(2018年)

 1年というものを早く感じるようになりました。
 あと1ヶ月と少しで卒業式を迎えることになります。
 3日は節分・4日は立春と暦の上では春ですがまた雪が降るようで気候的には春とは思えませんが、梅祭りが催されたり、河津桜が花開いたりと春はそこまで来ているんですね。
 本校の梅の木の蕾も膨らんできていて春を待つ準備をしています。柏の木の枯葉はまだしっかりとついています。新入生を待っているようにも感じます。

1月 睦月

 明けましておめでとうございます。
また今回も新しい年を迎えられたことに感謝するとともに、身の引き締まる思いです。
新年の行事である七草粥・鏡開きもおこないました。
 私事で恐縮ですが、昨年の暮れから今年にかけて気管支を痛め、咳がひどい状態で仕事も手につきませんでした。
節制が足りなかったからでしょうか。病院の薬を飲んでから徐々に良くなってきています。
今週末は昨年出すことができなかった年賀状?(寒中見舞い:10円切手を貼って)を書こうと思っています。
 話は変わりますが、本校商業科の生徒と三州製菓さんとの共同開発で商品を作りました。大変おいしく出来上がりました。
イクスピアリで販売予定です。
高校における教育改革の新しい試みの一つともいえます。
成果が上がることを祈念しています。

12月

師走・陰暦11月は雪待月とも言う。
 寒さも厳しさを増してきました、風邪をひかないようにしましょう。
 特に受験生にとっては大敵ですね。

22日冬至
 温泉に入り柚子湯にゆったりつかり、疲れをとりたいところですが、師 走という言葉どおり、教員には無理なようです。もう一踏ん張りしまし ょう。

23日天皇誕生日
 終業式翌日で、短いですが生徒にとってはこの日から冬休みになりす。 教員にとっては仕事の整理・大掃除と時間がいくらあっても足りませ  ん。大晦日と正月三が日ぐらいはゆっくりしたいですね。

11月 霜月

 朝夕の寒さにも一段と秋の気配が感じられるようになりました。                        
先週・先々週と台風が日本列島を襲い大変な被害をもたらしました。
このようなときに大変恐縮に思いますが発言をお許しください。
本校の修学旅行は奇跡的に台風と台風の合間におこなうことができ、
行きから帰りまですべて天候に恵まれました。
平和教育・歴史教育など多くのものを得ることができたと思います。
これからは、紅葉がいろいろなところで見ることができ、
大変良い季節を迎えます。是非、紅葉、そして秋の夜長を楽しみたいです。

3日文化の日                                                                                                          
  自由と平和を愛し、文化を薦める日
  日本の文化をもっと深く知りたいです。

7日立冬
  暦では冬になります。まだ実感できませんが。
  先日、西高東低の冬型の気圧配置になり、
  関東地方でも木枯らし1号が吹きました。

15日七五三
  可愛い晴れ着を着て、千歳飴を持っている姿を良く目にします。
  微笑ましいですね。

23日勤労感謝の日
  勤労を尊び、生産を祝い、感謝し合う日。
  私の場合家族に感謝されていると感じていますが、
  家族に対してあまり感謝してなかったような気がします。
  今年は感謝を言葉にして伝えたいと思います。

10月 神無月

日本中の神様が、出雲に集まり、他には神様がいなくなってしまうことから「神無月」と呼ばれる。神様の集まる出雲では「神在月」と呼ばれています。

4日 十五夜
    季節・澄み切った空気・ススキや団子もに合います。ウサギが見    られるといいですね。
9日 体育の日
    晴れの特異日で東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を    祈念して制定されました。ハッピーマンデーのため日付が変わり    ました。健康のため身体を動かしたいですね。
    コスモスを初め可憐な花々が咲き乱れ、きれいな青空が望める季    節です。また、秋が旬の野菜や魚もおいしいですね。

9月(長月)

日増しに夜が長くなるので「夜長月」。
それが「長月」になったといわれています。

2学期が始まりました。
特に大きな事故もなく生徒たちが登校してくれたことに感謝です。
文化祭の準備にも大忙しになってきます。
夏バテ等により健康を害することなく学校生活を送ってほしいものです。
(ちなみに生徒だけでなく先生方も)

1日 二百十日
    台風の時期です、大きな災害・教育への影響がないよう祈ります。
   防災の日
    火災や自然災害ばかりでなく、ミサイルへの脅威も叫ばれています。
    家庭でも改めて話し合って欲しいです。

18日 敬老の日
    多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日
    多くの経験から示唆を与えていただける存在でもあります。

23日 秋分の日
    昼と夜の時間が同じになり、秋を感じる頃となります。
    健康に気をつけ食欲の秋
    スポーツの秋
    読書の秋 etc.
    生徒たちには季節を感じ、よりよい高校生活を送って欲しいと願っています。

8月 葉月

新暦では9月上旬から10月上旬で「葉落ち月」から葉月。
雁がはじめて来る月「初来月」から葉月。
稲穂が実り「穂張り月」「張り月」から葉月といわれは諸説あるようです。
6日は2回目の土用の丑の日です。うなぎを食べたいですね。
7日は立秋 暑さがまだまだ続くでしょうね、どこかに秋が感じられるといいですね。
11日は山の日 山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する日です。
23日は処暑 暑さが和らぐころといわれていますが今年はどうでしょうか。台風シーズン到来でもありますね。来て欲しくないものです。